cover image
🧭

バックグラウンドチェックの手引書

バックグラウンドチェックは、候補者様のプロフィール情報などを元に、経歴詐称や反社チェック、WEB上のリスク情報などの調査を行います。
バックグラウンドチェック実施時のポイントを解説します。
 
💡
目次 1. バックグラウンドチェックの調査対象項目 2. バックグラウンドチェックの手順 3. バックグラウンドチェック案内時の流れ (台本例) 4. バックグラウンドチェック結果の確認
 

1. バックグラウンドチェックの調査対象項目

調査対象データ

・国内新聞・雑誌記事等各種メディア
・WEB(SNS、一般検索、各種データベース、資格情報確認)
・自己破産、民事再生等、債務整理歴(官報ベース)
・反社チェックデータベース(国内・海外・OFAC・EUのデータベース含)
・所有不動産の登記確認・現住所確認(Webチェック)
 
Parameでのバックグラウンドチェックは、人事調査の専門会社である株式会社産通と連携して実施されます。
(参考)株式会社産通 人事調査を主として約50年の実績を有し、上場企業約80社をはじめとする国内企業及び外資系企業等様々な業種・規模のクライアントをサポート。ISO27001認証取得の安全・安心の調査会社。 HP: https://www.e-santsu.co.jp/
 

 

2. バックグラウンドチェックの操作手順

Parameのサービス上で、リファレンスチェック開始画面から、リファレンスチェックと併せて「バックグラウンドチェック」のオプションをご利用いただけます。

操作手順

(1)バックグラウンドチェックのオプションを選択

リファレンスチェック開始画面の右部にある「バックグラウンドチェック」のオプションを選択します。
notion image
 

(2)バックグラウンドチェック用の追加情報を入力

バックグラウンドチェックに必要な候補者の情報を入力します。
notion image
 
<(参考)追加情報項目>
【必須】生年月日
【必須】現住所
【任意】顔写真(履歴書添付のもので可)
【任意】学歴
【任意】職歴
【任意】実家住所
(※任意項目も可能な限り入力頂くと、より精緻な調査が実施できます。)
 

(3) リファレンスチェックと併せて案内を送付

バックグラウンドチェックは、通常のリファレンスチェックと併せて実施されます。
バックグラウンドチェックに必要な情報を入力したら、通常のリファレンスチェックのフローに沿って手順を進めましょう。
(※バックグラウンドチェック単体での実施をご希望の方はParameサポートまでご相談ください)
 
 

3. バックグラウンドチェック案内時の流れ (台本例)

 

(1) 候補者へバックグラウンドの詳細を説明する

バックグラウンドチェックについての説明を候補者へ行いましょう。
notion image
💡
バックグラウンドチェックは選考が進んだ候補者全員に実施している(特定の候補者のみに実施しているわけではない)と伝えることで、候補者に懐疑心を抱かせないようにしましょう。
 

(2) 候補者へバックグラウンドチェックの実施許可を取る

リファレンスチェックと併せて、バックグラウンドチェックも実施されることへの同意を取りましょう。
notion image
 
💡
バックグラウンドチェックは候補者にとって負担がないことを伝えてあげましょう。 また「リファレンスチェックでポジティブ面を確認し、念の為バックグラウンドチェックを実施する」といった形の案内だと候補者の心象も良くなります。
 

(3) 候補者へ案内を送る

通常のリファレンスチェックのフローに沿って候補者へ案内を送りましょう。
notion image
💡
案内送付後、サービス上での候補者の同意登録が確認でき次第、バックグラウンドチェックは実施されます。
 

 

4. バックグラウンドチェック結果の確認

 
完了したバックグラウンドチェックの結果は、候補者一覧画面からPDFデータとして確認できます。
notion image
notion image
 

 
Parameのカスタマーサポートでは、バックグラウンドチェックに関するご相談など個別にCSスタッフが承っております。
バックグラウンドチェック実施についてお悩みの際は、お気軽にご担当者までご連絡ください。
 
(参考)