cover image

候補者辞退を防ぐためのポイント

本ページでは、候補者がリファレンスチェックによって選考辞退しないためのベストプラクティスを記載致します。
是非、Parame Recruitでのリファレンスチェック実施にご参考下さい。
 

 

①💡候補者が辞退してしまう理由と対策

 
notion image
 

理由1:現職に転職活動を隠しているから

多くの候補者が現職を持ちながら転職活動を行っているため、現職関係者へのリファレンスチェックに抵抗感を示されてしまう場合も往々にしてございます。 現職関係者に転職活動を打ち明けられず、リファレンスチェックを依頼できない候補者が選考辞退することを防ぐために、以下の対策実施を推奨します。
 

【対策方法】

・候補者への案内時に、回答者条件をすり合わせる。

リファレンスチェックの回答者条件を一方的に伝えるのではなく、候補者と回答者条件をすり合わることを意識しましょう。
notion image
特に「現職の上司」は取得が一段と難しい回答者条件になりますので、1度打診してみて候補者様の反応を見ることをお勧めします
問題なければそのまま依頼し、もし抵抗感があるようでしたら「直属ではない上司」「部署異動前の上司」など、候補者が取得できそうな方を対話の中で探っていきましょう。取得できそうな相手を一緒に見つけてあげることで、候補者の抵抗感を払拭でき、回答取得率が向上します。
 
💁ワンポイント・アドバイス——————————
候補者と回答者条件をすり合わせる前に、回答者条件の優先順位をある程度決めておくとスムーズです。 (例) 現職の上司 > 前職の上司 > 現職の同僚 or 部下 > 前職の同僚 or 部下 誰からの取得がMUSTなのか、どこまで回答者条件を妥協できるかなど、判断基準があるとすり合わせも実施しやすくなります。
———————————————————————-
 
また候補者とすり合わせる場を持ち、反応をうかがうことで、後述するネガティブな事実(ex. 円満退職できていない、後ろめたいことがある)の有無を、ある程度察知することができます。
 
 

理由2:頼める人物がいないから

職場関係者と良好な関係を築けておらず、誰にも頼むことができない候補者も一定数いらっしゃいます。
特に「前職関係者」からの取得を依頼したにもかかわらず抵抗感を示される候補者の場合、円満退職していない可能性もあるため十分な注意が必要です。
 
⚠️ 対策の必要性について—————————
「頼める人物がいない」という事実は、「人間関係の構築力が弱い」「入社後トラブルを起こす可能性がある」という見方もできるため、リスクチェックの役割も兼ねており、本理由での選考辞退への対策の必要性は低いと言えます。
————————————————————
 
※もし何らかの対策をされたい場合は、前項の「候補者への案内時に、回答者条件をすり合わせる」を実施し、頼めない理由・背景を候補者からヒアリングしましょう。
 
それによって候補者の人物像や注意事項をある程度把握することができますし、企業様の方で看過できる理由・背景なのかどうかご判断することができます。
 
 

理由3:後ろめたい事実があるから

候補者の中には、リファレンスチェックによって都合の悪い情報が露呈してしまうのではないかと危惧される方もいらっしゃいます。
 
パワハラや懲戒等の社内トラブル、または履歴書等の書類、面接時の回答に偽りがあった等の可能性が十分考えられますので、注意が必要です。
 
⚠️対策の必要性について—————————
こちらの理由に関しても、上述の理由2と同様、リスクチェックとしての役割を果たしていますので、本理由での選考辞退への対策の必要性は低いと言えます。
————————————————————
 
※また、候補者に何らかの不信感を覚えた場合は、さらなるリスクチェックとして「バックグラウンドチェック」を実施するのもオススメです。
 
 

理由4:志望度が低いから。

リファレンスチェックは候補者に多少なりともご負担をかける選考手法になりますので、志望度が醸成されていない方が選考辞退してしまう懸念があります。 「志望度フィルター」としてご活用いただいている事例もありますが、ある程度対策したい企業様には以下の実施を推奨いたします。
 

【対策方法】

・選考フローの終盤にリファレンスチェックを実施する。

選考フローを進むにつれて候補者の志望度が醸成されるため、選考フローの終盤の方がリファレンスチェックの回答取得率は高くなる傾向にあります。
(一般的に、最終面接前 < 最終面接後 < 内定後 の順番で回答取得率は上昇します。)
 
最終面接前後での実施を推奨しておりますが、もしリファレンスチェックのご利用目的が「配属検討・オンボーディング活用」なのであれば、内定後の実施もオススメです。
 
【ご参考】
選考フローへの組み込み方🔖選考フローへの組み込み方2021/9/7 12:272021/9/24 17:17
 

・事前にリファレンスチェックがあることを候補者様に周知する。

何の前触れもなく唐突にリファレンスチェックを依頼されると、警戒したり、負担に感じてしまったりする候補者も一定数いらっしゃいます。
 
求人票の選考フローに記載する、1次面接時に「◯次選考に進むとリファレンスチェックを実施します」と伝える等することで、候補者も心の準備や回答者検討ができるため、実施依頼に応じてもらいやすくなります。
 

 

➁💡候補者体験(CX)を向上させるために

 
前章でご紹介した候補者の辞退理由・対策を踏まえつつ、候補者体験(CX = Candidate Experience)を向上させるためのベストプラクティスについて併せてご紹介します。
 
notion image
 
 

Point 1:求人票の選考フローにリファレンスチェックを記載する

リファレンスチェックがあることを候補者に周知するために、求人票の「選考フロー」欄に記載しておきましょう。
 
候補者が、選考フローのどのタイミングでリファレンスチェックが行われるかを、事前に分かっていれば、候補者も準備と心構えを持つことができます。
 
※選考フローだけでなく、企業様が定める「採用活動におけるプライバシーポリシー」または「採用の同意事項」において、リファレンスチェックを実施する旨を記載していただくケースも多く、弊社としても推奨しております。
 
 
 

Point 2:1次選考時にリファレンスチェックを予告する

1次面接の最後などに、選考が進むとリファレンスチェックがあることを頭出ししておきましょう。 その際にリファレンスチェックの疑問点・不安点を潰してあげると、実施する際に候補者もスムーズにご協力いただけるのでオススメです。
 
また、特定の人物だけに実施しているのではなく、全員一律(ex. 〇次選考まで進んだ候補者全員)に実施していることが分かるようにお伝えすることを意識ください。
※特定の人物にだけ実施していると思われてしまうと、候補者に不信感等のネガティブな印象を与えるリスクがあるためです。
 

Point 3:リファレンスチェックを案内・依頼する際に候補者のメリットも伝える

リファレンスチェックと聞くと、「ネガティブチェックだ」「疑われているのかな?」と感じる候補者も一定数いらっしゃいますので、可能な限りリファレンスチェックへポジティブな印象を持ってもらうことが重要です。
 
ex) あなたのことをもっと深く知りたい、入社後のベストな配属先を検討するうえで使いたい 等
 
また「なぜリファレンスチェックを実施するのか?」の目的をしっかり伝えることで、候補者に納得度を持ってご協力いただきやすくなります。
notion image
 
※候補者にとってのメリットを記載したPDF資料もご用意しておりますので、ぜひご活用ください。
 
 

Point 4:リファレンスチェックの回答者条件を候補者とすり合わせる

リファレンスチェックの回答者条件を一方的に決めて、伝えるのではなく、候補者と回答者条件をすり合わることを意識しましょう。
notion image
 
前章でもお伝えした通り、取得を希望する回答者条件を1度打診してみて、候補者の反応を見ることをお勧めします。
 
「現職に転職活動を隠している」等のやむを得ない事情もあり得るので、回答者条件には、一定の柔軟性を持った上で、依頼することを推奨しています。
 
【ご参考】
 
 

Point 5:(落選の場合)リファレンスチェックの結果だけで見送ったことを伝えない

「リファレンスチェックの結果で選考に落ちた」と候補者に認識されてしまうと、企業に対して不信感を覚えたり、候補者と回答者との関係がこじれてしまったりする可能性があります。
 
不要なトラブルを避けるためにも、可能な限り「◯次面接とリファレンスチェック結果をもとに選考を行う」などとご説明し、リファレンスチェックだけで選考判断を行うことが伝わらないように注意しましょう。
 

 
 
Parameのカスタマーサポートでは、リファレンスチェックのご相談に関して個別にCSスタッフが承っております。
リファレンスチェック実施についてお悩みの際は、お気軽にご担当者までご連絡ください。